ZigBeeとは(ジグビーとは)

ZigBee(ジグビー)

ZigBee(ジグビー)の技術解説の前に、まずZigBee(ジグビー)の名前の由来を説明します。ミツバチ(Bee)は蜜がとれる花を見つけた時に巣にサンプルを持ち帰り、Waggle Dance (ワッグルダンス)と呼ばれる、尻をジグザグ(Zigzag)に振る動きで、花のある方向と距離を仲間に知らせます。ZigBee(ジグビー)が実現するセンサーネットワークをミツバチが巣を中心に花の間を飛び回り情報を伝達する様になぞらえているのです。ZigBee(ジグビー)とは、Zigzag(ジグザグ)とBee(ビー)から作られた造語なのです。

ZigBee(ジグビー)スタック

ZigBeeとはZigBee Alliance(ジグビーアライアンス)が仕様を定義しているIEEE 802.15.4上で動作する無線通信プロトコルです。

IEEE 802.15.4はセンサーネットワーク用途として優れているためZigBee(ジグビー)以外でも広く使われている通信規格です。IEEE 802.15.4のことをZigBee(ジグビー)と呼んでいる場合がありますが、これは正確な表現ではありません。

IEEE 802.15.4のMAC上でZigBee(ジグビー)スタックを使用せずに独自のスタックやその他のスタックを使用したり、IEEE 802.15.4を直接使用したりすることも可能ですが、この場合はZigBee(ジグビー)とは呼べません。

現状ではIEEE 802.15.4の総称としてZigBee(ジグビー)と呼ばれることが多いのですが、本来はIEEE 802.15.4で定義されたMAC上にZigBee(ジグビー)スタックが動作している場合のみZigBee(ジグビー)と呼べるのです。ZigBee(ジグビー)スタックはネットワーク構築やルーティングの役割を果たします。ZigBee(ジグビー)スタックがネットワークの構築を行い規定された手順(プロトコル)でIEEE 802.15.4のMAC層と物理層を使用して通信を行います。

本解説もZigBee(ジグビー)に関して行っていますが、MAC層と物理層に関しての記述はZigBee(ジグビー)とIEEE 802.15.4は共通になります。

IEEE 802.15.4/ZigBee、WiFi、Bluetoothの違いと役割

ざまりんZigBee(ジグビー)は大規模なワイヤレスセンサーネットワーク(WSN)を構築するために策定された規格で、WiFi(ワイファイ)やBluetooth(ブルートゥース)と同じIEEE(アイトリプルイー)という標準規格化団体により物理層とMAC層の仕様が定義されています。IEEE(アイトリプルイー)の802グループはローカルネットワークや中規模のネットワークの運用と技術を担当しており、無線ネットワーク技術を扱っている15グループでIEEE 802.15.4/ZigBee(ジグビー)とIEEE 802.15.1/Bluetooth(ブルートゥース)は策定されました。IEEE 802.11/WiFi(ワイファイ)、IEEE 802.15.1/Bluetooth(ブルートゥース)、IEEE 802.15.4/ZigBee(ジグビー)は競合する技術ではなく、IEEE(アイトリプルイー)でそれぞれ異なった目的のために規格化されたものでお互いに共存できる仕様になっています。物理層とMAC層より上位の部分をZigBee Alliance (ジグビーアライアンス)という標準規格化団体が策定しています。

WiFi(無線LAN)

高速データ通信が主な目的で、より速く大量のデータを送受信するための無線規格です。

Bluetooth(ブルートゥース)

携帯電話を軸にした音声通信が主な目的で、ヘッドセットやスピーカーとの高音質データを送受するための無線規格です。

IEEE 802.15.4/ZigBee(ジグビー)

M2MやIoT向けの遠隔監視用のセンサーデーターや遠隔制御用の制御データを送受信するための無線規格です。

ZigBee(ジグビー)は参加できる端末数が最大で65535個の仕様(IEEE802.15.4の仕様)になっています。このように多数のセンサーがネットワークに参加するワイヤレスセンサーネットワーク(WSN)に最適化し、接続可能な端末数が非常に多いことがWiFi(最大32個)やBluetooth(最大7個)と大きく異なる特徴です。無線の使用帯域が広い、WiFi(ワイファイ)や周波数ホッピングを採用しているBluetooth(ブルートゥース)は大規模ネットワーク構築を想定していません。

ZigBee(ジグビー)ネットワークはコーディネーター、ルーター、エンドデバイスで構成され、複雑なルーティング解決が必要とされるMesh(メッシュ)ネットワークが利用可能な規格です。複数の端末をデータがホップして伝達されるマルチホップを行います。また、各社の製品との共存性と相互接続性が考慮されるなど高機能な仕様が特徴です。

IEEE 802.15.4/ZigBee(ジグビー)はワイヤレスセンサーネットワーク(WSN)を構築するために策定された規格ですので通信するデーターは接続されたセンサーからのデーターや機器への制御信号です。大容量のデータ通信は想定していません。よって、IEEE 802.15.4/ZigBee(ジグビー)は通信速度(データレート)は最大250kbpsでWiFiやBluetoothと比較して控えめです。通信速度(データレート)をセンサーネットワークに最適化することで消費電力を低くし通信感度を高めています。更にIEEE 802.15.4/ZigBee(ジグビー)は使用する通信帯域が狭いため多数の端末がネットワークに輻輳せずに参加できるのです。そして、狭帯域のスペクトラム拡散通信は広帯域に比べマルチパスが発生した場合に信号のレベルは低くなるがデータが欠落する可能性が低いという利点もあります。

ネットワークへの接続時間が速いこともIEEE 802.15.4/ZigBee(ジグビー)の特徴でエンドデバイスはスリープ状態からネットワークへ接続しデーター通信をし再びスリープ状態に戻るまでの処理を非常にすばやく行います。これもワイヤレスセンサーネットワーク(WSN)向けの用途で消費電力が低くできる理由です。WiFiやBluetoothは常時接続を前提としている通信方式ですのでネットワークへの接続には数秒かかり、この間電力を消費し続けます。よって、消費電力が低いWiFiやBluetoothのデバイスを使用しても接続手続きの仕様が頻繁な接続・切断に不向きなため、低消費電力を実現する際にはZigBee(ジグビー)に比べて不利になります。このようにZigBee(ジグビー)はワイヤレスセンサーネットワーク(WSN)に最適化された仕様です。

一方、IEEE 802.15.4/ZigBee(ジグビー)はBluetoothが得意とする高音質ステレオの音楽データーを送信したり、WiFiが得意とする高画質な映像データを送信するには適していません。

IEEE 802.15.4/ZigBee(ジグビー)が最適なアプリケーションは以下のものです。

IEEE 802.15.4/ZigBee(ジグビー)は通信のセキュリティーが考慮されており、この点もワイヤレスセンサーネットワーク(WSN)構築に重要です。

多数のノード間で高機能で複雑なネットワークの処理を行うZigBee(ジグビー)プロトコルスタックを実装するためにはメモリや処理速度といった比較的多くの資源を必要とします。ZigBee(ジグビー)モジュールの性能が不十分である場合、ノード数が数十個で動作が不安定になるといったことが起きる場合があるようです。このような不安定な状態になるのはZigBee(ジグビー)の仕様の問題ではありません。ただし、無線でメッシュネットワークを維持するための複雑な通信(デバイスの生存確認等)を常に行っているため、電波状況が良くない環境では不安定になる場合があります。

IEEE 802.15.4/ZigBee(ジグビー)モジュールTOCOS ワイヤレスエンジンでは ZigBee PRO(ジグビー プロ) スタックがロイヤリティーフリーで利用可能で、無線モジュールに内蔵された強力な32ビットCPUと大容量メモリにより余裕をもった動作が可能です。

ZigBee ネットワーク形態(ネットワークトポロジー)

ネットワークトポロジーZigBee(ジグビー)のノードはコーディネーター、ルーター、エンドデバイスの3種類の仕様が定義されています。

ZigBee(ジグビー)コーディネーターは1つのネットワークに必ず1個必要でネットワークの確立やネットワークに参加する端末の管理を行います。

ZigBee(ジグビー)ルーターはエンドデバイスのネットワークへの参加の受付や他の端末からのデータの中継を行います。ルーターにセンサ制御等を行わせることも可能です。

ZigBee(ジグビー)エンドデバイスは必要最低限のネットワーク機能のみを持っている端末でセンサ制御等を行います。

ZigBee(ジグビー)の基本動作としては、ZigBee(ジグビー)エンドデバイスが通常は省電力でスリープしておりタイマーや外部回路からのトリガー信号でウエークアップし、ZigBee(ジグビー)ルーターまたはZigBee(ジグビー)コーディネーターにデータを送り再度スリープします。スリープすることによりZigBee(ジグビー)エンドデバイスは省電力を実現しています。スリープ状態の時は一番消費電流が大きい無線回路をオフにしているため、ZigBee(ジグビー)ルーターまたはZigBee(ジグビー)コーディネーターがZigBee(ジグビー)エンドデバイスをウエイクアップさせることはできません。

通常はZigBee(ジグビー)ルーターとZigBee(ジグビー)コーディネーターは常に受信状態で待機しZigBee(ジグビー)エンドデバイスからのデータを待ち受けています。よって、ZigBee(ジグビー)ルーターとZigBee(ジグビー)コーディネーターは常に受信状態で無線回路を動作させている必要があり、

AC電源もしくは大容量のバッテリー、エナジーハーベスト(環境発電)発電機(ハーベスタ)等を使用する必要があります。

ZigBee(ジグビー)ルーターまたはZigBee(ジグビー)コーディネーターがZigBee(ジグビー)エンドデバイスに制御信号を送信する場合はZigBee(ジグビー)エンドデバイスがスリープから復帰した時に問い合わせを行う形になります。応答性を高めるためにはZigBee(ジグビー)エンドデバイスは頻繁に問い合わせを行う必要があります。

ZigBee(ジグビー)のネットワーク形態(トポロジー)は、1対1型、スター型、ツリー型、メッシュ型があります。

スター型は1つのZigBee(ジグビー)コーディネーターと複数のZigBee(ジグビー)エンドデバイスで構成され、1対Nの星型にネットワークを構成します。

ツリー型は1つのZigBee(ジグビー)コーディネーターと複数のZigBee(ジグビー)ルータやZigBee(ジグビー)エンドデバイスで構成され、木の枝の型にネットワークを構成します。

メッシュ型はルーター同士が網目状に接続され、複数の通信経路を生成できます。各端末のデータはマルチホップ(バケツリレーのように中継)しますが、ある通信路に障害が発生すると、自動的に別のルータに迂回して通信を継続できます。

ZigBee(ジグビー)はこのように多様なネットワーク形態(トポロジー)をとれ目的のアプリケーションに応じ適切なものを選択できるのが特徴です。

ZigBee 使用周波数一覧

周波数

IEEE 802.15.4/ZigBee(ジグビー)に割り当てられている周波数帯は868MHz帯(0ch)、915MHz帯(1~10ch)、2.4GHz帯(11~26ch)の3つです。ただし、世界中で使用可能な周波数帯は2.4GHz帯のみです。

IEEE 802.15.4/ZigBee(ジグビー)の仕様策定時に連続した全27チャネル(0ch~26ch)にサブギガ帯(1GHz以下)と2.4GHz帯を割り当てています。これはそれぞれの周波数帯はその伝播特性が異なるため、補完関係を持たせることにより、堅牢な無線通信システムを構築することが本来の目的です。サブギガ帯(1GHz以下)は通信速度が遅くても良く、高度なネットワークを構築する必要が無い場合に適しています。よって、サブギガ帯(1GHz以下)では通信速度が遅いがノイズに強いBPSKを変調方式として採用しています。サブギガ帯(1GHz以下)と2.4GHz帯で優劣を論ずる場面が見受けられますが、それぞれに特徴があり要求に応じて使い分けをするものです。

しかし、実際にはヨーロッパ、アメリカ、オーストラリアでサブギガ帯が使用される例は稀で国際的に使用可能な2.4GHz帯が主流になっています。

920MHZ帯(サブギガ帯)

日本ではIEEE 802.15.4/ZigBee(ジグビー)用のサブギガ帯(1GHz以下)として950MHz帯が使用可能になりましたが、総務省が周波数割り当ての方針を変更したため、2013年3月からは携帯電話で使用する予定ですので950MHz帯は使用できなくなります。

地上アナログテレビ放送が停波したため、サブギガ帯として950MHzの代わりに920MHz帯が2012年7月25日に使用可能になりました。

ZigBee Alliance(ジグビーアライアンス)では日本におけるスマートハウス向け920MHz帯ZigBee(ジグビー)の標準化に向け検討グループを結成しました。

2.4GHz帯

周波数IEEE 802.15.4/ZigBee(ジグビー)の2.4GHz帯の他の周波数帯と比べての長所は世界中で使用可能な周波数帯であること、チャネル数が多いこと、通信速度が速いこと、連続データ通信が可能なこと、波長が短いためアンテナが小型にできることです。

2400MHzから2483.5MHzを16チャンネルに分けて使用します。一番低いチャンネルが11チャンネルで一番高いチャンネルが26チャンネルです。(1チャンネルから始まっていないのは868MHz帯が0チャンネルに、915MHz帯が1から10チャンネルに割り当てられているためです。)2.4GHz帯はそれぞれのチャンネル間は5MHzと十分に離れているためお互いに干渉する事なく通信できます。複数のノードが同一のチャンネルを共有することも可能です。

ZigBee(ジグビー)はコーディネーターがネットワークの初期化時に静かなチャンネルを使用するチャンネルとして割り当てます。

ZigBee データフレームサイズ

ZigBee(ジグビー)はIEEE802.15.4上で動作する通信プロトコルですのでデーターフレーム構造はIEEE 802.15.4の規格に準じます。詳細はIEEE802.15.4パケット構造を参照ください。

ただし ZieBee(ジグビー)のヘッダを含めたデータとして IEEE802.15.4 のデータ領域に格納されるため、ZieBee(ジグビー)で送信できるユーザデータは IEEE802.15.4 で送信可能なデータより少なくなります。

CSMA/CA(キャリアセンス)

IEEE 802.15.4/ZigBee(ジグビー)では同一周波数を複数の装置で共用するための仕組みが用意されています。

IEEE 802.15.4/ZigBee(ジグビー)ではCSMA/CAという電波の衝突回避の仕組みがあります。この機能により同一周波数で通信している他のIEEE 802.15.4/ZigBee(ジグビー)機器との干渉を回避しています。この仕様により複数のIEEE 802.15.4/ZigBee(ジグビー)機器が同一周波数で通信可能になっています。CSMA/CAはWiFi(無線LAN)にも実装されている仕様ですが変調方式が異なるためお互いに関知しません。

IEEE 802.15.4/ZigBee(ジグビー)の各ノードは送信する前に必ず同一周波数が使用中かどうかを確認するCCA(クリアチャネルアセスメント)を行います。各ノードは送信を開始する前にランダムな時間をはさみCCAを行い同一周波数の同一変調波の電力レベルを確認します。もし、しきい値以下であればデータ送信を行い、しきい値以上の場合はランダムな時間待機し再度CCAを行います。CCAにかかる時間は0.128msです。

ちなみにイーサーネットも複数の装置で信号線を共用しているため、CSMA/CDという信号の衝突の仕組みがあります。イーサーネットは有線通信のため、信号の衝突を容易に検出できるため衝突回避(CA)ではなく衝突検出(CD)を行います。もし、衝突した場合は数m秒の待ち時間の後に再送を行います。

CCA(Clear Channel Assesmant)
CSMA(Carrier Sense Multiple Access)
CA(Collision Avoidance)
CD(Collision Detection)

ZigBee Alliance (ジグビーアライアンス)

ZigBee® Alliance (ジグビーアライアンス)は現在250社以上の加盟があり、IEEE 802.15.4規格上でZigBee®(ジグビー)技術の定義や実装を行っています。

IEEE 802.15.4/ZigBee(ジグビー)対応無線モジュールTOCOS ワイヤレスエンジンでは ZigBee PRO(ジグビー プロ)スタックを使用可能ですが、商用で使用する場合は以下の条件があります。

ZigBee Alliance(ジグビーアライアンス) の知的財産(弊社製品をお使いいただく場合、SDKにて提供されるZigBee(ジグビー) PRO スタックソフトウェアライブラリ)を用いて製品化する場合、ZigBee Alliance(ジグビーアライアンス) への加入が必要とされています。

加えて、製品にZigBee(ジグビー)名を表示する場合はZigBee(ジグビー)ロゴ認証を取得する必要があり、費用が発生します。製品にZigBee(ジグビー)名を表示しない場合も、ZigBee(ジグビー)の通信規格自体がZigBee Alliance(ジグビーアライアンス) の知的財産であるため、ZigBee Alliance(ジグビーアライアンス)に加入する必要があるとされています。

なお、SDKに付属されるIEEE 802.15.4 APIやJenNet等を利用し、ZigBee(ジグビー)PROスタックソフトウェアを用いない場合は、ZigBee Alliance (ジグビーアライアンス)への加入を求められる事はありません。

以下がZigBeeアライアンスのhttp://www.zigbee.org/Join/MembershipFAQ.aspx より抜粋した記述です。
(2011/12現在)

1. My company wants to develop ZigBee products for sale, does it need to be
   a member of the Alliance?
   私の会社は商用でZigBee(ジグビー)製品の開発を希望していますが、アライアンスの
   メンバーになる必要はありますか。

   Membership in the ZigBee Alliance is required if an organization uses
   the ZigBee brand (name, logos, interoperability icons).  It is also
   required to request ZigBee Certified status for products or to participate
   in the development of Alliance standards and specifications.
   もし、組織がZigBeeブランド(名前、ロゴ、相互接続性アイコン)を使用する際は、ZigBeeアライアンスの
   会員になることが要求されます。更に製品のZigBee認証状況を依頼することや、アライアンスの標準規格や
   仕様を策定するために参加することを要求されます。

2. I am a subcontractor for a ZigBee member company, do I need to be a member?
   私はZigBeeメンバー会社の下請け契約者ですが、私はメンバーになる必要がありますか。

   No. If you have been contracted by a member company to perform work on their behalf,
   you are not required to join the ZigBee Alliance.
   いいえ。もし、あなたがメンバー会社と契約をしていて代理として作業をしている場合はZigBeeアライアンスに
   加入することは要求されません。
3. I am a homeowner, end-user, academic, student, installer of ZigBee products, do I need to be a member of the Alliance? 私は家の持ち主、エンドユーザー、教員、学生、ZigBee製品のインストーラー(設備業者)ですが、私はアライアンスの メンバーになる必要がありますか。 No, membership in the Alliance is only required if you are using ZigBee intellectual property for commercial gain. いいえ。アライアンスのメンバーシップは、もしあなたがZigBeeの知的財産を営利目的で使用している場合だけに 必要です。
4. If my company uses a ZigBee module in my product, do I need to be a member? もし、私の会社で製品にZigBee(ジグビー)モジュールを使う場合、メンバーになる必要がありますか? Yes. はい

詳細は ZigBee Alliance (ジグビーアライアンス) へお問い合わせください。

 東京コスモス電機は ZigBee® Alliance (ジグビーアライアンス) のメンバーです。

ZigBee® SIG ジャパン(ジグビー シグ ジャパン)

ZigBee® SIG ジャパン(ZigBee® SIG-J, ジグビー シグ ジャパン)は、近距離・低消費電力の無線ネットワークの 世界標準規格である"ZigBee(ジグビー)を日本市場において 普及、および仕様を発展させることを目的として、 国内の推進メンバー各社により設立された一般社団法人です。加入する場合には、ZigBee Alliance(ジグビーアライアンス) のメンバーである必要があります。

ZigBee® SIG ジャパンでは定期的なミーティングやZigBeeフォーラムの開催や展示会への出展等の活動を行っています。

東京コスモス電機はZigBee® SIG ジャパン(ジグビー シグ ジャパン)のメンバーです。

ZigBee PRO (ジグビー プロ)

ZigBee PRO(ジグビー プロ)の基本機能を解説します。

ZigBee PRO(ジグビー プロ)とは ZigBee(ジグビー)の最新版ZigBee 2007のフィーチャーセットで以下の特徴を持っています。ZigBee(ジグビー)規格の従来版にはZigBee 2004仕様とZigBee 2006仕様があります。

ZigBee Profile (ジグビー プロファイル)

ZigBee (ジグビー)では、アプリケーションに合わせて要求定義・実装されたZigBee Profile (ジグビー プロファイル)を共通の仕様として規定し使用します。ZigBee Profile (ジグビー プロファイル)を用いて製品化することで、同じZigBee Profile (ジグビー プロファイル)を用いた製品同士のネットワークが構築できます。ZigBee Profile (ジグビー プロファイル)を用いることで異なったメーカー間での相互接続性と異機種との共存が保たれます。

ZigBee Profile (ジグビー プロファイル)にはStack Profile(スタック プロファイル)とApplication Profile(アプリケーション プロファイル)の2種類があります。

ZigBee Stack Profile (ジグビー スタック プロファイル)はネットワークのタイプや形、セキュリティー等のネットワークの構成を定義するものです。ZigBee Alliance (ジグビーアライアンス)により以下が定義されています。

ZigBee Application Profile (ジグビー アプリケーション プロファイル)は特定の用途毎に規定されるもので、ZigBee Alliance (ジグビーアライアンス)が規定するPublic Application Profile(パブリック アプリケーション プロファイル)の他にメーカーがPrivate Application Profile(プライベート アプリケーション プロファイル)として独自に規定することも許されています。以下にリリース済みのPublic Application Profile(パブリック アプリケーション プロファイル)を列挙します。

ZigBee Smart Energy (SE)

エネルギーの効率的で信頼性の高い利用を促進することを目的にし、メータの読み取り、電力負荷の分散、利用量の表示、価格設定との連動といった用途に使用されるZigBee Profile (ジグビー プロファイル)です。

ZigBee Home Automation (HA)

住宅でのオートメーションを目的とします。オン・オフスイッチ、サーモスタット、各種センサー、照明制御などの用途に使用されるZigBee Profile (ジグビー プロファイル)です。

ZigBee Remote Control (RF4CE)

赤外線(IR)技術の置き換えとして規格化されており、各種リモコンを無線化する技術です。赤外線では目に見える範囲に限定して、その方向に照射する必要がありました。無線化することにより無指向性・壁越しの操作・長距離通信・高頻度の電送(ポインティングデバイスなど)・双方向通信といった利点があります。ZigBee Input Device(ジグビー インプット デバイス、マウスやキーボードなどの無線化) や ZigBee 3D Sync(ジグビー スリーディー シンク、3Dメガネなどの無線化) といった従属規格も定義されています。

ZigBee Health Care profile

ヘルスケアやフィットネス関連機器の共通通信規格として策定されているZigBee Profile (ジグビー プロファイル)です。

ZigBee Telecom Services

ZigBee Retail Services

ZigBee Network Devices

ZigBee Green Power (ジグビー グリーン パワー)

エナジーハーベスト向けの規格でハーベスタを電源として超低消費電力で動作させることを目的としています。

ZigBee Light Link (ジグビー ライト リンク)

ZigBee Light Link(ジグビー ライト リンク)とはZigBeeアライアンスが仕様策定を進めている、一般住宅向けの照明コントロール用のオープンス規格です。ZigBee Light Link(ジグビー ライト リンク)で無線による照明のオンオフや調光をコントロール可能にします。ZigBee Light Link(ジグビー ライト リンク)に準拠することにより異なったメーカーや機種間で相互運用が可能になります。ZigBee Light Link(ジグビー ライト リンク)は照明に特化した規格でZigBee Home Automation(HA)とは異なった独立した仕様になる予定です。

ZigBee IP (ジグビー アイピー)

ZigBee IPとはZigBeeネットワークをIPネットワークに接続するための次世代のZigBee規格でZigBeeアライアンスが仕様を公開しました。UDP/TCPで通信しZigBeeネットワークにIPv6のデータパケットを通す為の通信プロトコルです。IETFにより策定されている6LoWPAN(IPv6 over Low power Wireless Personal Area Networks)を使用します。6LoWPANはシックスロウパンと読みIPv6を無線通信に適応するための規格です。

ZigBee SE 2.0はZigBee IP上に実装されます。

Smart Energy Profile 2.0 (スマートエナジープロファイル 2.0)

Smart Energy Profile 2.0 (スマートエナジープロファイル 2.0)はSEP2.0とも呼ばれ、ZigBee IP上に実装されます。従来のSmart Energy Profile 1.x (スマートエナジープロファイル 1.x)はZigBee PRO (ジグビー プロ)上に実装されるもので別の規格です。

ZigBeeの沿革

ZigBeeを採用するべきか?

現状ではZigBee (ジグビー)の仕様は非常に流動的です。最新のZigBee 2012がリリースされたのと同時にIPベースで別系統の規格であるZigBee IPのアナウンスもあり、更に920MHz ZigBee IPという全く異なった物理層とMAC層(IEEE802.15.4g)を採用するものや、ECHNET LiteとSEP2.0の融合の構想、新たな規格化団体Wi-SUN Allianceの設立等、混沌とした状況です。

しかしながら、HEMS、BEMSM2MIoT等でワイヤレスセンサネットワークの市場は急速に広がっており、規格仕様の動向をうかがっている間にビジネスチャンスを失ってしまいます。

IEEE802.15.4(2.4GHz)はワイヤレスセンサネットワークに最適であることは事実であり、HEMS、BEMSM2MIoT等の様々な用途に活用されています。これらの実装は、ZigBee (ジグビー)スタックに拘らずマルチホップ等の独自スタックを使用しています。

ZigBee(ジグビー)スタック

TOCOSワイヤレスエンジンは内蔵のフラッシュメモリーを自由に書換え可能ですので、ZigBee (ジグビー)スタックと独自スタックのどちらも使用できます。初めは独自のスタックを使用し、標準仕様が実用レベルに達した時に容易に乗り換えることが可能です。これにより、流動的な規格仕様策定に振り回されることなく、出遅れることなく速やかに市場に製品を投入できます。

IEEE802.15.4/ZigBee無線モジュールIEEE802.15.4/ZigBee無線モジュール

IEEE802.15.4/ZigBee無線モジュール

関連製品

関連情報